今日の一枚の最近のブログ記事

加藤和彦の『あの頃、マリー・ローランサン』を聴きながら、書いてます。

昨日の夕方、妻に、「加藤和彦が亡くなったとニュースに出てた」と言われ、「えっ?」と一瞬思ったのですが、どうも、本当みたいです。

皆と同じ言葉になってしまいますが、残念、の一言です。

『ボレロ・カリフォルニア』(1991)を出して、まもなく、安井かずみさんが亡くなり(1994)、その後しばらくは本当に「過去の人」のようになっていたので、ここのところの「和幸」、木村カエラを迎えてのミカバンド復活(こんなに格好良いロックをやられたら、若いバンドは面目ないなーと思いました)、新バンド:VITAMIN-Q、ユーミンとの共演などの充実ぶりや、おやじバンドの大会顧問や、大腸ガンのチャリティコンサートの活動でのメディアへの搭乗機会の増加は、ファンとして、喜ばしい状況だったのですが、あまりにもあっけない幕切れに、脱力感でいっぱいです。

結局、『ボレロ・カリフォルニア』が最後のオリジナル・ソロアルバムになってしまいました。

僕の加藤和彦のイメージは、名盤『あの頃、マリー・ローランサン』(1983)の世界を体現する、格好良い人といったところでしょうか。例えば、cafeは「キャフェ」って、発音するんだってね。

『あの頃、マリー・ローランサン』、高校生の時、本当に良く聞いてました。

あと、J-WAVE開局後、長く続いた、加藤さんの土曜夕方のプログラム、格好良かったなー。

特に、安井かずみ&加藤和彦で作った、
 『それから先にことは』(1976)
 『ガーディニア』(1978)
 『パパ・ヘミイングウェイ』(1979)
 『うたかたのオペラ』(1980)
 『べル・エキセントリック』(1981)
 『あの頃、マリー・ローランサン』(1983)
 『VENEZIA』(1984)
 『マルタの鷹』(1987)
 『ボレロ・カリフォルニア』(1991)
は、多くの人に聴いてもらいたい。簡単に手に入る状態になっていないアルバムもあるのが、とっても残念です。特に、ソニーから出した『あの頃、マリー・ローランサン』と『VENEZIA』はリマスターされたものが一度も出たことがないので、強く、再発売を希望します。

『べル・エキセントリック』は、1981年というYMO絶頂期に、YMOの3人とパリのスタジオで録音したわけで、「こんな凄いことはできるのは加藤さんだけだな」と、初めて聴いた時に変な感心の仕方をしたことを思い出します。

最初は「あの素晴らしい愛をもう一度」(1971)や「愛・おぼえていますか」(飯島真理:1984)とSadistic Mika Band(+Sadistic Mica Band)と『マルタの鷹』が全然結びつかなかったんですが、この幅広さが、加藤和彦の凄いところなんだなと、その後、気づきました。

2004年に「あの頃、マリー・ローランサン2004」というトリビュートアルバムが作られた時には、「あー、このレコードを名盤だと思っている人がちゃんといるんだ。」と、とてもうれしく思いました。安井かずみ&加藤和彦が作り上げた世界を敬愛した止まない人達が集まってつくった温かい一枚です。

Hikki、さすが! と思わせる1曲。
"traveling"以来の大傑作だと思う。

夏のツアー、楽しみですね。

先日、秋葉原駅を歩いていた時、「随分、大音量で音楽を流しているなー」と思ったら、実は、バンドが生演奏していて、ちょっとびっくりということがありました。

Jabber Loopというバンド。
SaxとTrumpetがリード楽器、これにKeybord, Bass, Drums and TurnTableが加わる6人編成です。

特別なPAを組んでいるわけではないのですが、音のバランスが凄く良かったので、一瞬CDを再生しているように聞こえたわけです。ドラムとベースの音がとてもしっかりしているのは、かなりの驚き。

曲もね、インストの王道って感じで、良い。即売していたCDを帰りの電車の中で繰り返し繰り返し、聴いてしまいました。

これからも注目していきたい。

jabberloop.jpg
秋葉原駅中央改札脇で演奏するJabbar Loop

急性骨髄白血病で闘病中だった、歌手の本田美奈子さんが11/6に亡くなりました。

昨年くらいから再び活動が盛んになってきて、今後の活躍をとってもとっても楽しみにしていたので、本当に残念です。アイドル時代のライブビデオのDVDでのリリース、CD6枚組のボックスの発売など、デビュー20周年ということで、周りも盛り上がっていて、本人もそれを意識して非常に意欲を見せていたので、こう、病気というものの残酷さを感じぜすにはいられません。

好きでした、かなり。当時小学生でしたが。1986年というのは、毎週テレビで音楽番組を見るようになった年で、彼女は"1986年のマリリン"、"Sosotte"、"HELP"、"the Cross -愛の十字架-"の4枚のシングルをこの年リリースしました。

今、1987年の武道館&大阪城ホールのライブビデオ"DISPA1987 "を見ながら書いてます。

名曲"One Way Genration"が終わって本田美奈子の最初のヒット曲"Temptation"に移ったところ。Pinkのカツラをつけて歌ってます。

ご冥福をお祈りします。

映画「メゾン・ド・ヒミコ」。犬童一心監督作品です。オダキリジョー、柴咲コウ主演の話題作いうことで、先行上映しているシネマライズはかなり盛況のようです。(僕はまだ観に行ってないです)

「メゾン・ド・ヒミコ」のサウンドトラックは、細野さんの久々のアルバムでもあります。ソロ作品がリリースされるのは、いつ以来なんだろう。10年ぶりくらいか、もしかして。"NAGA"と"N.D.E"が出たのが、確か1995年だから、多分、そうです。

で、2枚組なんですね。Disc1が「メゾン・ド・ヒミコ」という細野さんの作品、Disc2が映画サウンドトラックというのが正しいかな。あと、細野さん、Warnerと契約したんだ、っていうのも一つの発見。

いろんな説明に載っている、"源氏物語"(1987)以来となる映画音楽というのは、正しいのですが、"銀河鉄道の夜"以外にも"Paradise View"でも音楽担当してますが、書かれていないのはいったいどういうことなのか。うーん。あと、調べてみたら、廃盤なんですね、細野さんがソニーと契約していた時(1987〜1994)のアルバムが、なんと。

昔、細野晴臣のことを高橋幸宏は「触れる天才」と言いました。「天才」が自分の身近にいる幸せを表現した言葉ですね、これは多分。今日、私も、"La Maison de Himiko"という新作を通じて、細野晴臣という天才に、ちょっと触わることができました。

今年の夏、僕が一番かけていたCDはOmega Tribe。多分、日本中探しても僕だけのような気もするのですが。あ、杉山さんがボーカルをしてた時のOmega Tribeです。

"Summer Suspicion"、"君のハートはマリンブルー"、"ふたりの夏物語"とか。シングル曲ではないですが僕は"Transit in Summer"が好きです。歌い出しの"北ウイング"という言葉が、中森明菜の"北ウイング"を連想させます。あと、"夕凪通信"や"Rolling Memories"。

僕がレコード屋に通ったり、テレビやラジオでチャートを追うようになったのは、1986年からです。だから、杉山さんがソロになってからのことは良く知っているのですが、1985年に解散したOmega Tribeの頃のことは完全に後追いです。メンバの西原さん、高島さんが翌年結成された1986 Omega Tribeで活躍していたのも良く覚えています。

なんで今、Omega Tribeを聞くのか。最近、CDをあんまり「聴かなくなっている」ことと関係あるのような気がしてます。「聴いて」いないけど「聞いて」はいるんですが。

Omega Tribeの押し付けがましくないところが心地良いからかなー。サウンドも歌の内容も。

Kraftwerkの2004年ワールドツアーの実況録音盤"Minimum-Maximum "です。日本盤は未リリース。(来月出るらしい)。EU盤はCCCDなので要注意。UK盤とUS盤はCDです。

選曲から言っても、事実上のベスト盤。22トラックありますが、無駄がない。

日本公演からは、観客が興奮状態で一緒に歌っている(叫んでいる)「Dentaku」が収録されています。日本語で歌ってくれるところが、日本のファンにとってはたまらないわけです。

私は、2004年2月28日のZepp東京公演を観に行きましたが、一言で表現すると「凄ごかった」。このライブ盤を聴くと記憶が蘇ります。ステージとして完成されてました。メンバのステージ上の所作まで完全にコントロールされてる感じ。ライブというより「舞台」という言葉が適切かもせれません。映像の使い方も心得ていて、大掛かり。

公式サイトにはDVDのリリースも案内されているので、非常に楽しみです。

1980年にリリースされた、坂本龍一の2ndアルバム(廃盤の時期が長かったが、今年、やっと再発売)。独特な響きをサウンドは今聴いても色あせていない。当時の「ニューウェーブ」な時代の空気を内包しながらも、普遍性を湛えている一枚。


それにしても、"Riot in Lagos"は珠玉だ。

"Riot in Lagos"はYMOの1980年秋のWorld Tourでものオープニングを飾る曲として演奏された。ライブ音源で正式にリリースされているものがいくつかあるが、どれもバンドのノリを前面に出したスタイルである。アルバムの機械的な響きとはかなり違うが、「ライブバンド」YMOの偉大さを体現するという意味で、必聴である。

今年(2005年)にリリースされた坂本龍一の "/04"にも"Riot in Lagos"のピアノバージョンが収録されている。ピアノによる演奏で楽曲としての独自性が一段と際立つ。

聴くのに気合いがいる一枚なので、この点は十分留意されたし。

4月20日に飯島真理が自分で選曲したベスト盤"The Ultimate Colllection"が2枚リリースされました。ベスト盤と言いながらも「定番」の曲が結構外れています。ソングライターである本人の思い入れが選曲の基準になっているからです。とはいえ、通して聴くと、選曲に筋が通っています。シンガーソングライターとしての「ラブソング」の軌跡、というところでしょうか。

彼女自身の手によるライナーノーツが収録されています。その中でのこれまでリリースしてきたの20枚弱のアルバムへの自身による評価が実に的確なのがとても印象に残ります。

僕は、10代の半ばから20歳頃にかけて、彼女を歌を本当に良く聴いていました。声が好きというが一番の理由。Cuteだと思う。また、サウンドの嗜好がかなりマッチしたことも大きい。しっかりとアレンジしてしっかりとした演奏でレコードが作られています。それと、「胸キュン」ソングを作らせると天下一品で、宝石箱のようにキラキラした楽曲が沢山あるというのも要因です。彼女が結婚する頃(1989〜1990)までの歌は特に素晴らしい。もちろん、それ以降の「大人の歌」もそれはそれで印象的ですが、「好きか?」と問われると正直難しい。

1983年〜1985年のビクター時代の作品群から選んだ"The Ultimate Colllection(1983-1985)"。

    当時10代だった飯島真理が書いたCuteな楽曲を、坂本龍一が見事にアレンジし、東京を代表する腕利き達が豪華に料理したデビューアルバム"Rose"から2曲収録されています。かなり凝ったリズムのアレンジになっている「ガラスのコビン」と僕が大好きな「ひまわり」が選ばれています。「ひまわり」は「ひまわりは一見派手だけど、実は結構孤独」ということを歌った歌。サウンド時には大村憲司のギターソロが素晴らしい。

    松本隆が詞をつけた「1グラムの幸福」と「セシールの雨傘」。自作自演で活動している彼女としては、レコード会社の意向で超大物作詞家に詞を依頼する形になったことに複雑な思いがあったはずですが、純粋に2曲とも名曲だと思います。(一番最初に世に出たという意味で飯島真理のデビュー曲とすることができる「夢色のスプーン」(「スプーンおばさん」の主題歌)も松本隆作詞です。)

    プロデューサー吉田美奈子の色にちょっと負けてしまった気もする2nd"blanche"からは「シグナル」と「シンデレラ」。"blanche"は「白」というタイトルそのままの透明感のある佳盤だと思います。

    そして、「愛・おぼえていますか」。安井かずみ・加藤和彦コンビによる、超名曲で、飯島真理の最大のヒット曲。飯島真理を声優だと思っている人は沢山いると思うのですが、「違います」。たまたまデビューを予定していたシンガーソングライターが声優の仕事を一回だけした、というのが正しい。たまにCDショップで飯島真理のアルバムが「声優コーナー」にある時あるんだけど、それは止めてほしいなー。とはいえ、「天使の絵の具は」は映画のエンディングを想起させてくれます。飯島真理がいなかったら、ミンメイもいなかったはず。

    3rdアルバム"midori"。清水信之によるキラキラしたアレンジ満載の一枚からは4曲がチョイスされています。「いつものパーティー」は杉真理のコーラスの付け方が最高。計算しつくされた演奏の上に20代前半の女の子らしい詞が乗る「ひとりぼっちが好き」と「恋はきままに」。そして、大学でピアノを専攻していた彼女ならではのInstrumental「もののかたち -MARRON-」。たまにテレビ番組でBGMでかかってます。

    Londonで制作された4thの"Kimono Stereo"からは「瞳はエンジェル」「名前のないアベニュー」「3つのルール」の3曲。彼女は88年以降、LAでレコードを作り続けていて、それらの作品と比べると明らかにLondonっぽい。カリフォルニアの明るい太陽と青い空ではなく、曇ったロンドンの空の下で作られた楽曲達。Max Middeltonのキーボードがサウンドの鍵になっています。

もう一枚は1987年〜1999Moon〜Waner在籍時の作品群から選んだ"The Ultimate Colllection(1987-1999)"。

    こっちは10枚以上あるオリジナルアルバムからだいたい1曲ずつで、やっぱりちょっと物足りないというところもあります。今年になってから紙ジャケットで再発された、"Coquettish Blue"(1987)、"Miss Lemon"(1988)、"My Heart in Red"(1989)の3枚は、とっても元気で、そしてミュージシャンとしての着実な成長を感じさせてくれる作品群です。これと"It's Love Thing"(1990)の4枚からで1枚、それ以降のアルバム群で1枚くらいだとちょうど良いかなと思ったりします。

    "Coquettish Blue"はレーベルを移籍し自分の力を試したいというのがひしひしと伝わってくる一枚。全編に渡って飯島真理のキーボードプレイが聴けるのもポイント。"Miss Lemon"は前作と一変、LAでの非常に良い出会いがそのまま勢いとなって現れた一枚。その流れを引き継いだ"My Heart in Red"。僕はこのアルバムに収録されている、Drums:Jeff Porcaro、Bass:Nathan Eastのリズムコンビによる"Send Love to Me"が大好きです。

    その後のアルバムは、うーん、多分、それまでの真理さんの作品群がなかったら、多分聴かないかもしれない。1996年の"Good Medicene"はロック食の強いバンドサウンドでまとめられていて、結構お気に入りではありますが。

    ビクター時代のと比べるとあまり書けないな。。

2枚のベスト盤の発売と同時に、1990年10月に中野サンプラザで行ったライブを収録した"Something Special Live '90"がDVDで再発売されました。なんせ、実際にその日に会場にいましたからね。思い出深いですよ。実はボーナスで入っている「鏡よ鏡」のPVは、今回初めて見ました。時代を感じさせるつくりですが、Miss Lemonの頃の勢いが映像に現れてますね、やはり。

いやぁー、長々と書いてしまいましたね。僕がかなり熱心なファンであることは最低わかってもらえたかと思います。

オリジナルリリース30周年記念仕様で再リリース。大滝さん自身によるリマスター&ボーナストラック追加です。林立夫(Drums)+細野晴臣(Bass)は凄いなー、というのが改めての感想。

「楽しい夜更かし」が、ちょっとはまった。歌詞が良いなー。

『レコード・コレクターズ』(ミュージック・マガジン社)の4月号と合わせて読むと、一層楽しめます。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち今日の一枚カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはRadio & TVです。

次のカテゴリは大相撲です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。