野球の最近のブログ記事

WBC

| コメント(0) | トラックバック(0)

代表チームというのは、オールスターチームです。
オールスターチームが、名誉をかけて他の代表チームと本気で戦うわけで、面白くないわけがない。

王貞治は偉大だなー。
イチローの印象がちょっと変わりました。

「代表チーム」という概念がが野球界でも変わるきっかけになったと思う。
今回は辞退者が相次ぎましたが、今後はさすがに、これだけの数の辞退選手は出ないでしょ。

サッカーでも、日本代表に選ばれても、所属チームは良い顔をせず、選手本人もあまり行きたがらないという時代が昔あったそうです。今は、クラブより代表優先ですからね。それだけ、代表でプレーすることに価値があると皆が考えるようになったわけです。

野球もそうなっていくんじゃないかな。

おー、4連勝! 
祝、優勝。
今日、でした。

あと1勝

| コメント(0) | トラックバック(0)

J Leagueの2005 JOMO All Star Game と 2005 FORMULA 1™ Fuji Television Japanese Grand PrixとPacific Leagueのプレーオフ第1ステージが見事に重なりましたが、僕が一番気になったのは、MarinesLionsのプレーオフ第2戦です。

よっしゃー!! 3-1でMarinesが勝利。

Marines連勝で、福岡に乗り込む権利獲得です。きっちり今年のMarinesらしい勝ち方が出来たので、勢いが出てきました。日程の都合で、しばらくオフになっていたHawksを寄せ付けずに、Tigersとの日本選手権にコマを進め、Tigersにも勝って、栄冠を是非!!

公共心

| トラックバック(0)

野球と直接関係のない話ではありますが、西武Lionsという球団のオーナーだった人が逮捕されました。野球とアイスホッケーを軸に、スポーツ界に絶大な影響力を持つ人物です。

僕は「公共心」のある人を尊敬します。資本家として「利潤を追求する」ということと、両立しないように思ってる人もいるようですが、必ずしもそうではないと思います。

法人を作って「事業」を行うというのは、社会的な行為ですから、創業者や株主や従業員やお客様が喜ぶなら、何をしても良いということではないわけです。

権力のあるポジションにいる人間は誰でもどんどん公私混同するようになって、必ず腐敗します。その腐敗の進み具合が「公共心」の強弱で早かったり、遅かったりするんだろうと思います。自分や自分の周りのことだけを考えてるか、全体のことを考えてるかで、違ってきます。

どうなる、パリーグ

| トラックバック(0)

東北楽天イーグルスという名の球団が誕生することになりましたが、福岡ダイエーホークスと西武ライオンズが来年どうなるかわからないような状態になってきていて、もう、わけがわかりません。どうなっちゃうんでしょうね?

この混乱の中で、コミッショナーやリーグの会長とかは傍観者でしかないというのが、今の野球界の現実。球団のオーナー自身もある意味、傍観者ですからね。長嶋茂雄のような人がコミッショナーやるくらいじゃないとダメなんじゃないか?

ところで、サッカーの天皇杯にあたる、プロ・アマオープンの全国大会が野球にはないわけです。野球という競技を統括する団体がないのが原因。プロ・アマの関係断絶の歴史の影響はでかいですね、ホント。

プレーオフ

| コメント(1) | トラックバック(0)

パシフィックリーグで今年から導入された「レギュラーシースン」の1位〜3位チームによるプレーオフ。確かに、MarinesとFightersの3位争い、FightersとLionsの3戦制の第1ステージ、LionsとHawksの5戦制の第2ステージ、とっても、盛り上がりはしましたが、あえて言いたい。

盛り上がれば良いのか?

「レギュラーシーズンって何なの?」ということにやはりなるよね。。リーグ戦の価値が暴落するという感じ。カップ戦だよね、ノリがほとんど。

メジャーのプレーオフは3つの地区の優勝チームとワイルドカードのチームで真のリーグ優勝を競う「おまけ」のスペシャルシリーズで、その延長にワールドシリーズがあって、正統性がしっかり担保されてるわけ。

いつまでもこ2004年パリーグ型プレーオフ方式が続くとは思われず。

楽天もプロ野球球団運営に立候補しました。最初は「おー」という感じで、JのVisselと同様に神戸を本拠にするんだろうなと思っていたわけですが、その先が良くない。どういうわけか、神戸ではなく、既にlivedoorが表明していた仙台を本拠地にする形で加盟申請を行いました。

しかし、なんで仙台なんですかねー。「誰か黒幕いる?」。
後出しジャンケンですからね、完全に。堀江さんの待ち伏せへの三木谷さんの対応もイメージ低下を招いたと思います。

仙台での各種アンケート結果は、圧倒的にlivedoor支持です。楽天が仙台を選んだ、とても説得力のある説明をしないと、未来永劫ぶつぶつ言われ続けるでしょうね。たとえ、楽天に新球団経営がゆだねられ、とっても球団経営がうまく行ったとしても。「livedoor潰しのために楽天は球団経営に乗り出した」と。

オリックスの宮内オーナーに会いに行って
「神戸でやらせてください。Visselとの相乗効果、他のスポーツとセットで地域密着のチームを目指し、プロ野球界球団経営に新風を吹き込みます。」とか、言えば三木谷さんも格好良かったのに。

ごたごた続きで僕なんかは、かなり嫌気がさしてるんですが。。
まだまだそうでない人が沢山いるようです。それだけ、プロ野球ってのはみんなから愛されているのかなと思ったりします。

古田選手は信念を持ってとってもしっかりと取り組んでいるわけですが、一部で彼を祭り上げられるような風潮が強まっているのが気になります。古田選手が「ヒーロー」になるのは本来おかしなことなんです。選手会の会長として尊敬を集めているなら良いのですが、なんか違うんだよな。

古田選手が真剣にいろいろと考えていることが伝われば伝わるほど、同時に、他の選手達や、OB達の意識がいかに低いかが露呈してしまう。一部の野球解説者(=OB)達の、他人事のような発言に僕は特に腹が立つ。

Livedoorが新球団で参入して、12チーム2リーグになれば良いなー。
新球団観に行きますよ、絶対。ファンクラブ入っちゃうかも。なんせ、インターネット関連企業だし。

さぁ、ここからだ

| トラックバック(0)

アテネ五輪に臨んでいる日本代表、次は準決勝、オーストラリア。
グループリーグではよもやの敗戦でしたが、連敗するわけにはいかんでしょう。

松坂大輔が普通に投げれば、打たれんでしょ。
チームのムードも悪くないし、決勝戦に向けてムードを盛り上げる一戦にしてほしいところ。
いや、是非。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち野球カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは連絡事項です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。