2005年2月アーカイブ

2月は元々短いですが、それにしても、今月はあっという間でした。

最近、ヒットチャートに出てくるアルバムをあんまり買わなくなってしまいました。ラジオやテレビでおなか一杯になってしまって。年を取ったからか?

ライブドアの堀江さんが多用する「〜じゃないですか」という話し方がちょっと気になる今日この頃。

京都には高層ビルがない。一番目立つのは、京都タワーと、すっごい豪華な京都駅の駅舎。
景観を守るため。街が世界遺産ですから。

kiyomizu.jpg
清水寺から、京都駅方面を臨む。

金閣寺

| トラックバック(1)

三島由紀夫の「金閣寺」。「金閣寺」こと北山鹿苑寺が舞台。1950年に起きた青年僧による放火事件が題材。

kinkaku.jpg
金閣。室町幕府3代将軍、足利義満が隠居してから造営した別邸が起源。

渡月橋

| トラックバック(0)

土曜日から京都に来ています。

togetsukyo.jpg
渡月橋

観戦しないとね

| トラックバック(0)

この記事良いです。

「記者の目:北朝鮮応援席から見た日朝戦」  (毎日新聞)

書いているのは、下川正晴記者。昔、ソウル支局にいた方。

「政治家や論説委員、精神科医らが、なぜ日本のサポーターを信じられなかったのか。それは彼らがスタジアムで観戦してこなかったからだ。つまり、現場を知らないのだ」

その通り。本当のAwayゲームに行った後も、同じこと言うことできるのか?、もし言えるなら、本物の主張ですが、ホームゲームにも行かないで言うのは、まったくの机上の空論だと思います。

愛知万博関連の本の平積みの隣に「つくば科学万博クロニクル」(洋泉社)があったので買ってしまった。Forever 80'sですよ、ホント。会期は半年でしたが、4〜5回行った気がする。

コスモ星丸。いいな、このキャラクター。改めて思う。

本の中でテレホンカードが紹介されていないなー。確か3種類あって、今手元に100度と50度の2種類あります。電々公社ではなくNTT製ね。

The PHANTOM of the OPERA

| トラックバック(0)

オペラ座の怪人」。Lloyd Webber自らフルコミットして制作した映画版。とても良く出来ています。名前を聞くと誰もが顔を浮かべる「大スター」ではないが、しっかりと歌唱力があり、演技ができる俳優を選んだ見事な配役、映画ならでは映像効果による各シーンの深みのある描写、と、舞台を観たことがある人も満足、舞台を観たことがない人は、行ってみたくなるという、相乗効果が生まれるであろう傑作だと思います。

"Phantom"のGerard Butler、"Chrisrine"のEmmy Rossum、"Raoul"のPatrick Wilson、素晴らしい。Emmy Rossumはこれから大スターになるんじゃないかな。可憐です、ホント。今年のGolden Globeの授賞式でも輝いていました。

この映画版、超有名なオリジナルキャスト版(1987年、ロンドン)と比べて、物足りなさはまったくなく、より世界が広がった感じがします。

サウンドトラックは、1枚物の通常盤と2枚組の限定盤(ブックレット違いで近々再発売されます)の2種類あります。2枚組は映画の内容がせリフも含めて大部分収録されていますので、全体の流れを堪能した人にはうってつけです。一方、それぞれの曲をしっかり聴きたい人は14トラック入りの通常盤をお求めになった方が良いと思います。

あ、サントラには歌詞カードないです。歌詞・台詞を確認したい人は、オリジナルキャスト版を入手してください。

2006ドイツ大会に向けてのアジア最終予選がスタート。Aシードの韓国と日本が共に勝ち点3をあげ、首位に立つ形となりました。

日本は、朝鮮民主主義人民共和国代表をホームに迎えての初戦。いきなり先制したので「楽勝か?」という気もしましたが、押し込みながらも前半は追加点を奪えずに終了。中盤のパスミスが気になりました。あと、シュートが少ない&枠に行かなかったですね。

後半は、北朝鮮はかなり修正をしてきて、ガツガツと攻めてくるようになり、日本は防戦一方となります。そして、、失点。「あー。。」という感じがスタジアムを包みます。直後に高原投入、その後俊輔も。スタジアムが徐々に騒然となっていきます。日本は絶対に点が欲しいし、北朝鮮はなんとか引き分けで終わりたいということで、ピッチの中だけでなく、スタンドの気持ちもどんどん高まっていきます。

高原と俊輔の交代は、効果ありましたね、ホント。「国内組」とは球際の強さやボール扱いの動きに違いがあるのは明らかだったと思います。さらにZicoは3つ目のカードを使い、大黒を出してきます。結果的には大黒がロスタイムに決勝点!!監督の采配が的中です。本当に勝負強いチーム&監督です。

さて、実際に観戦に行った人はわかると思いますが、朝鮮民主主義人民共和国との試合だからといって、一部テレビ番組での報道ぶりのような異様な「特別な感じ」はそれほどありませんでした。煽るような報道は、私はやめてほしいと思います。外国のサッカーチームが試合をしに来ただけです。フランス大会の最終予選のホームでのUAE戦の方が、もっと凄かった記憶があります。予選敗退の可能性が出来てきて、サポータが殺気立ってましたので。

20050209saitama.jpg
ハーフタイムの様子(さいたまスタジアム2002、2005年2月9日)

結構、これ、イケルと思う。吉野家の店舗限定の「ソースかつ丼」。かつはサクッとしてて、キャベツが適量乗っていておいしいです。この1年いろいろなメニューが出ましたが、私の中では新メニューの中でNo.1です。

扱ってる店舗はかない少ないようです。東北、北関東+南関東の一部店舗らしい。僕が知ってる範囲内でも、一ヶ所だけなので、探し回らないといけない可能性あります。その店でたまたま食べた時、タクシーの運転手と思われるおじさんが注文をしながら「ソースかつ丼やってる店、あんまりなくて、探さないといけないから大変だよ」とボソッと言ってました。

あ、ググッたら、こんな情報が。「東京では高田馬場駅前店、新宿東口靖国通り店、東京駅八重洲通り店、新大橋通り八丁堀店、駿河台店、立川北口大通店、東京工科大学店」。是非、お試しあれ。

生きてます

| トラックバック(0)

「寝込んでます」とか書いたせいで、随分ご心配をかけたようで、ごめんなさい。先週の土日はダウンしてました。が、月曜から普通に動いてましたので、ご安心を。

土日、ずっとベッドの上って感じです。
うー。

このアーカイブについて

このページには、2005年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2005年1月です。

次のアーカイブは2005年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。