2004年12月アーカイブ

Look Back 2004

| トラックバック(0)

2004年もあと数時間。


来年のKeywords


    1. 「謙虚と寛容」
    なんか、世の中の全体的な雰囲気もそうですが、自分の身近なところでも、謙虚さにかけるあまり他人への寛容さが足りない言動を多く見た一年でした。来年はなんとかしたい。

    2. 「Cool&Smart」
    盲信とは異なる理性に依拠した熱狂。来年は自分の信念に沿ってもっとCoolにSmartに。


December 31
 HappyBirthday with LOVE , My Dear!

東京ミレナリオ

| トラックバック(0)

millenario.jpg
2000年からやっていますが、今年初めて行きました。家族連れが思ったよりも多かったです。

自主自律

| トラックバック(0)

tokatsu.jpg
我が母校、千葉県立東葛飾高校の校是「自主自律」。写真は校内にある石碑。

| トラックバック(0)

寒いですね。寒い地方の方には笑われそうですが、最高気温が摂氏10度くらいだと、外歩くだけで体にこたえる感じです。

今年もあと残すところ、1週間。
最近、毎日書き込みできてないですね、うーん。

LIVE AID

| トラックバック(0)

やっと見ることできました。

1985年7月13日にWembly Studium@LondonとJ.F.K Studium@Philadelphiaの2ヶ所で行われた歴史的コンサートの模様を収めたDVD4枚組。こうやって、リリースされること自体がもうニュースなわけで。これだけ出演者がいるとクリアしなきゃいけない問題も多いはずだし。

しかし、Wemblyの熱狂ぶりは凄いね。Queenが国民的バンドだってことが良くわかる。
U2の熱いパフォーマンス、Sting、Bryan Ferry、Style Council、Phil Colins、Ultravox、David Bowieとかね。で、SADEも出演してるんだよね。Elvis Costelloの"All You Need is Love"は感動もの。Paulが"Let it be"をこんなに崩した歌い方してるのは珍しい。

Philadelphiaでは、Madonnaの若々しいパフォーマンスが良い。Beach Boys、Pretenders、Bryan Adams、Eric Clapton、Tom Petty & Heartbrekers、Mick Jaggerなどなど。Duran DuranはこのLive Aidが、昨年18年ぶりに復活したけど、「黄金の5人」での見納めだったわけです。Hall & Oatesの選曲がにくいね。Bob Dylanが、Rolling StonesのKeithとRonnyを従えて出ているのもイベントっぽい。

ハイライトは両会場でラストに出演者一同で演奏される"Do They Know It' s Christmas?"(London)と"We are the World"(Philadelphia)。あと、Phil ColinsがLondonからPhiladelphiaに移動するわけです、コンサートが続く間に。で、両会場でパフォーマンスする。これを可能にしたのが"Concorde"。

残念なのはPowerStationのパフォーマンスが入っていないこと。ないんでしょね、映像が。うれしいのは、オーストラリアからの中継されたINXSのパフォーマンスがボーナスで入っていること。もう一つはPhiladelphiaでのRUN DMCのパフォーマンス。

I Love Music !!

Concorde

| トラックバック(0)

叶わぬ夢。コンコルドで大西洋横断。

--> British Airways
-->搭乗体験記
-->搭乗記

あまり良い評判は聞かなかったけど、音速で飛行し、3時間で大西洋を渡る「怪鳥」に一度は乗ってみたかった。引退したのは昨年、2003年。

就航から25年を過ぎ、initialで作られた機体でのみ就航しているconcordeの安全の確保には限界があるのは致し方のないところ。離陸直後に炎上するという事故で、この課題が大きくクローズアップされました。

50年代〜60年代の英国とフランスのコストを度外視した「夢」の結晶って感じ。アメリカのアポロ計画に通ずるものがありますね。

ドイツ戦

| トラックバック(0)

試合としては面白かったですね。やっぱ、本当の強豪国とは差ありますね、日本。

親善試合な感じの選手交代のせいで点が入らなかった気がします。勝負にこだわるなら、高原、玉田で最後まで行っても良かった。あと、稲本はやっぱ違うなと思いました。小野と稲本で3列目がベスト布陣なのかな、やはり。

これだけ守備陣でメンバかけると苦しい。宮本、中澤、松田、そして長期離脱中の坪井。マコと茶野のセンターバックは、前半0点でよく耐えたな、という評価もありかな。

Reysol残留

| トラックバック(1)

昨日とは違い、気温が下がり、冬って感じ、しかも雨上がりの中、入替戦の第2戦が柏で行われました。ホームの声援を受け、「降格するわけには絶対いかない」という気迫に勝るReysolが、2-0で勝利。先週福岡で行われた第1戦も2-0で勝っており、2戦合計4-0で圧勝し、J1残留決定です。

下平、加藤、渡辺といった、Jリーグに昇格した時からレイソルを支えてきたベテランがチームを去ることが決定しています。大きな補強も期待できないので、来期は現有勢力をベースに巻き返しを図ることになります。

今日の入れ替え戦出場選手で、代表キャップを持つのが玉田、明神、波戸、増田、山下と5人、年代別代表で世界大会に出た選手は、大野、南、中澤、近藤、永田、宇野沢、谷澤の7人。って、今年高卒で入った小林以外の全員が「日の丸」をつけたことあるってことですね。このメンバでなんで最下位なんですかね。。。

来期はホームで沢山勝ってほしい、ホント。

F Marinos , Champion !!

| トラックバック(1)

第2戦はRed Diamondsが1-0で勝利。

で、延長戦に突入。中西退場のあとの後半の残り15分、そして30分の延長戦も10人で良く守った時点で、攻撃力が売りのRedsは守備力のF Marinosに屈したことになりますね。岡野や酒井を投入しても良かったと思うのだが、結局動かなかったのがブッフバルト監督、一方、中西という守備で大きな役割を担う選手が退場でいなくなったにも関わらず、FW同士の選手交代を行った岡田監督、この采配力の差が出たように感じます。

PK戦は、RedsのGK山岸、気合いを入れて頑張ったが、こういう舞台は、冷静さが一番重要で、GK榎本だけでなく、キックを蹴った全員がとてもクールだったF Marinosに軍配が上がるのは自然かな。

ケガ人だらけのF Marions、苦しい中でもノリの乗ってるRedsを退け、2年連続のチャンピオンです。

V / 安全地帯

| トラックバック(0)

1986年の終わりにリリースされた大作。LP3枚組(CDだと2枚)、全36曲収録。

かなり好きですね、このアルバム。

安全地帯」は、玉置浩二という素晴らしいソングライター&歌手が地元の仲間達と始めたバンド。井上陽水のバックバンドをやった頃から有名になり、「ワインレッドの心」で大ブレーク。85年の暮れに出した「IV」からこの「V」にかけての時期は、素晴らしい曲をどんどん創っていたという意味で玉置浩二のソングライターとしての絶頂期だと思います。

36曲収録で、ミュージシャンとして「やってみたい!」と思ったことをどん欲に実現させたという感じで、ホント、いろんな曲が入ってます。で、1曲1曲は短めです。Beatlesの"Rubber Soul"を思い出しちゃうイメージ。

これの次のアルバムである「VI」以降、安全地帯というか玉置浩二はイメージチェンジしてしまいます。サウンドだけでなく、玉置さんの髪形や体形、メイクなどが自然体な感じになるわけです。「V」でやることはやったと感じ、リセットしたからだと僕は勝手に思ってるのですが、本当のところはどうなんですかね。

#僕が一番好きな玉置さんの曲は「悲しみにさよなら」です。

金毘羅宮

| コメント(1) | トラックバック(0)

konpira.jpg

10年ぶりくらいに金毘羅様をお参りして来ました。
田舎の門前町、琴平、心癒されます。

33年に一度の大遷座祭に合わせ、12月12日まで、奥書院が125年ぶりに一般公開されます。
若冲の「花丸図」や岸岱の「群蝶図」を生で見ることができる!!
ということで、見てきました。


konpira-poster.jpg
こちらはそのポスター。

栗林公園

| トラックバック(0)

ritsurin.jpg

初冬っぽい一枚。
日本三大庭園よりも風光明媚だと僕は思っている、高松の栗林公園を訪れました。
年中、いつ来ても美しいお庭です。

マリノス先勝

| トラックバック(0)

2004Jリーグのチャンピオンシップ第1戦。

松田が良かった。中西が効いてた。
で、河合の気持ちの入ったヘディングが決勝ゴール。

坂田は走りまくっていたが、達也と永井は全然目立たなかった。
エメは途中からかなりイライラしてた。

鉄人サンチュル氏が第2戦は復帰予定で、マリノスには好材料が揃うが、レッズはネネが出場停止から戻るだけで、攻撃の打開策を用意しないと、かなり苦しいかも。

みなとみらい駅

| トラックバック(0)

吹き抜けで地下のホームが見えますー。
こういうのって、世界的にもあんまないんじゃないかな。
横浜の新名所。

mm.jpg

このアーカイブについて

このページには、2004年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2004年11月です。

次のアーカイブは2005年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。